さいががけこせんじょう
(さいががけこせんじょう)

                   浜松市中区布橋             


▲ 崖淵に建つ古戦場碑。江戸中期の俳人大島寥太は諸国吟行のおり、当地において一句残している。
「岩角に兜くだけて椿かな」

夜討ちして
      一矢を報いん

 元亀元年(1572)十二月二十二日、三方原において徳川勢を討破った武田勢は敗走する敵軍を追って犀ヶ崖北方に夜陣を張った。
 この崖は台地の水触亀裂によってできたV字谷である。
 一方、浜松城では軍議が開かれ、吉田城(豊橋市)への撤収案などが出ていた。しかし家康は夜襲を主張、大久保忠世も、
「いざ一夜討ちして敵に塩をつくべきなり」
 と進み出た。
 大久保忠世、石川数正、天野康景ら百余人と鉄砲組十六人は夜陰にまぎれて敵陣へ迫った。そして鉄砲の一斉射とともに斬り込んだ。
 奇襲を受けた武田勢は積雪のため道もわからず、次々と崖下へ重なり合って転落、阿鼻叫喚の地獄と化し、多くの犠牲を出してしまった。
 翌朝、武田勢は混乱する兵をまとめると撤収を開始、刑部(浜松市細江)へと移動した。
 その後、崖底からは戦死者の哭声が聞えたり、農作物の不作や疫病の流行、通行人がカマイタチの難に遭うなどの事が続き、その供養のための念仏踊りが広まった。
 この合戦で徳川方は崖に白布を渡して橋に見せかけ、敵兵を欺いたともいわれ、これが布橋の地名の由来となっている。
犀ヶ崖
▲ 市街地にありながらここだけは多くの木々に覆われ、崖底は昼なお暗い。
宗円堂
▲ 遠州大念仏発祥の地「宗円堂」。崖底に討死した将兵を 供養するため、僧宗円によって念仏踊りがはじまった。
----備考----
画像の撮影時期*2004/06