さくじょう
(さくじょう)

                   浜松市北区三ヶ日町都筑           


▲ 本郭跡の城址碑。

湖北浜名氏の盛衰

 鎌倉時代から浜名氏は猪鼻湖北岸地域の幕府御家人地頭としてその名が記録に登場している。源三位頼政の郎党猪鼻早太の裔とされている。
 その浜名氏がここに城を築き、十代に及ぶ国人領主として繁栄することになるのであるが、その祖となったのが浜名左近大夫清政である。
 ときは南北朝時代。西遠一帯は南朝方の井伊氏の勢力が強く、宗良親王を迎えてからは益々意気盛んであった。そのような情勢のなかにあって清政のみは井伊氏に従わず、北朝の側に立っていた。周囲が南朝方によって固められると清政は浜名の地を退去せざるをえなくなってしまった。
「捲土重来、必ず戻るぞ」
 清政の故地奪還の決意は固かった。
 暦応二年(1339)、北朝足利軍の反撃が始まった。清政は高師兼軍に合流して井伊攻めに加わり、見事に故地への凱旋を果たしたのであった。
 はじめ猪鼻湖西岸の鵺代に居館を構えたが、その基盤を確固たるものとするために東岸の大崎半島に城を築き、貞和四年(1348)にそこへ移った。これが佐久城である。
 以後、浜名氏は湖北一帯を治める領主として代々続いた。清政の後は詮政、満政、持政、政義と続いた。その後の政明の代には戦国の世となり、今川氏に属して三河を転戦している。さらに頼親、正信、正国と続いて十代目が頼広となる。
 桶狭間合戦以後の今川氏の没落にもかかわらず頼広はその忠節を肯んずることはしなかった。永禄十一年(1568)十二月の徳川家康による遠江進攻に対しては抵抗の態度を示し、攻め寄せる徳川勢を撃退した。
 家康は引馬城を落とすと一旦三河へ引き上げ、翌年一月に再び遠江進攻を開始した。当然、佐久城に対する攻撃も再開された。
 多勢に無勢、二月に入ると、頼広は城を逃れて甲州へ落ちて行った。清政以来、二百二十余年にわたる浜名氏の繁栄はここに幕をとじたのである。
 その後は本多信俊がこの城に留まった。天正十一年、野地城の完成により廃城となった。
城址遠景
▲ 城址は猪鼻湖に突き出た岬にある。
土橋遺構
▲ 本郭と馬出郭を結ぶ土橋。
----備考----
画像の撮影時期*2004/03