ずだじじょう
(ずだじじょう)

                   浜松市南区頭陀寺町             


▲ 城址の西部分にあたる所は現在、頭陀寺第一公園となっており、住民憩いの場となっている。

父祖の地を
         静かに守り続ける

 城址の推定図を見ると、方形の城域を土塁で囲み、さらにその外周を水堀が囲み、南側に門が設けられている。典型的な中世の武家屋敷である。平成十三年十月に、店舗建設に際して発掘調査が実施され、礎石が発見された。これは規模の大きな建造物のあったことを証している。
 初代高長が三河国碧海郡松下郷に住し、土地の名を姓としたのが松下氏のはじまりである。その松下氏が遠江の当地に城屋敷を構えるようになったのは七代目源左衛門長則からである。ときは今川義元全盛の時代であった。
 天文二十年(1551)頃、長則の子加兵衛之綱(十四歳)と同年の木下藤吉郎が松下家に奉公したことが諸書に記されている。経緯等の詳細は分からないが、附近には秀吉にまつわる伝承地が残されている。
 さて、長則である。桶狭間合戦後、今川の衰退ははなはだしく、家督を之綱に譲ってからと思われるが、その仕官先を北条、武田と転々としている。没年は天正十八年(1590)三月であった。
 そして之綱である。永禄十二年(1537)の徳川家康の遠州入りに際してはいち早く従属を表明して掛川城攻めに加わり、後に秀吉に属して遠江久野城主へと出世した。その子重綱は一万六千石の東軍大名として関ヶ原に参戦、その後は二本松三万石にまで栄進した。
 栄枯盛衰は世の常、重綱の後の長綱は陸奥三春三万石に転じたが乱心改易となり、後に子孫は三千石の旗本として明治を迎えた。
 しかし、之綱の長子は重綱ではなく暁綱(あきつな)である。どういうわけか(病弱であったともいわれている)之綱は頭陀寺の屋敷を暁綱に譲り、土着させたのである。武家社会の権勢から隔離でもするかのように。
「父祖の地をしずかに守るのじゃ」
 暁綱は父之綱の命に従い、土地の庄屋として、この地を子孫につたえ続けたのである。
屋敷跡碑
▲ 石碑には「松下嘉平次屋敷跡」とあ
   り、明治まで松下家の屋敷があった。
----備考----
画像の撮影時期*2004/05