いだいらじょう
(いだいらじょう)

                   浜松市北区引佐町伊平        


▲ 城址の最高所には携帯電話の鉄塔が建っている。戦国期にはこの地方を小屋と呼び、当城も別名
  小屋山城ともいう。ここは井伊氏の分家井平氏の居城で南北朝時代にはその存在が知られている。

武田軍の急追に斃れ
         草木の露と消ゆ

 元亀三年(1572)、武田信玄率いる大軍が青崩峠から遠江へなだれ込んだ。
 徳川家康によって平定されつつあった遠江も武田の勢威には抗することもできず、その進撃路にある城は次々と落とされて瞬く間に武田の版図に加えられていった。
 これとは別に三河路を進んだ別働隊があった。率いるは武田二十四将のなかでも猛将として知られる山県三郎右兵衛尉昌景である。率いる兵は五千余である。すでに武田の版図となっている現在の鳳来町まで進出した山県隊は方向を転じて井伊谷に抜ける街道へと駒を進めた。ここから三遠国境を突破して二俣城を攻囲中の本軍へ合流するためである。
 国境の手前、下吉田に柿本城という小砦がある。この方面に於ける徳川方と武田方との最初の衝突の場となった城である。
 柿本城主は鈴木重好十四歳、補佐役は伯父の鈴木権蔵重俊、援将は近藤石見守秀用、井伊飛騨守らであった。彼らはこの小城で防戦討死するよりは家康のもとで奮戦する道を選び、満光寺住職の仲介によって城を明け渡し退去することにしたのである。
 城主以下城兵らは直ちに国境を越えて街道をひた走りに走り、この日は井伊谷の手前、ここ井平城に入った。十月二十二日のことであった。井平城には重好の伯父鈴木出雲守が守っていた。
 だが武田軍は甘くなかった。鈴木重好らが息つく間もなく山県隊の夜襲がはじまったのである。またしても城兵らは退却を余儀なくされ、不眠不休で浜松へ逃れたのであった。ただ、残念ながらこの退却戦で鈴木権蔵、井伊飛騨守が鉄砲に撃たれて戦死した。権蔵の家臣乗松次大夫は遺骸を仏坂に葬り、甲、頬当、脇差を持って退いた。
 その後、三方原の合戦を経て山県隊は井平で越年することとなった。近藤石見とその臣長瀬与兵衛は井平の山間に潜み、敵兵六人を討ち取って山県隊を混乱させている。この時、近藤は敵兵の郷民への詮議を和らげるために矢文で所為を伝えたという。
ふろんぼ遺跡
▲ 城址の北方約1`の所にある井伊飛騨守と鈴木権蔵らの墓塔群。土地では「ふろんぼ様」と呼んで大切にされている。
----備考----
本文加筆*2007/01
画像の撮影時期*2004/09